カードローン

数ある金融商品の中で、カードローンとキャッシングという言葉を聞く機会はとても多いと思います。
どちらもお金を借りることのできる金融商品で、詳しくない人にとっては違いがよく分からないものでしょう。これらを扱う業者でも、どちらの商品も同様に扱っている場合もあり、利用者にとっては余計に混同しやすいものかもしれません。
しかし元々この2つは違うシステムを持つ商品で、現在でもそれぞれの特徴を分けた商品を扱っている業者もあります。

カードローンとキャッシングの違いとは

これらの商品の混同は、キャッシングでカードが利用できるようになったことから始まったと言えます。カードローンは名称にカードと付くことからもわかるように、元々カードを利用してお金を借りる行為でした。しかしキャッシングは必ずしもカードを利用するものではなかったのです。
また、ローンとキャッシングという仕組み自体にも違いがあります。
ローンというのは毎月一定額を返済していく仕組みになっています。
しかし、キャッシングは本来は借りた分の金額は一度に返すのが基本的な使い方となっていました。キャッシングを利用する場合は少ない金額を借りて、短期間の間に一括で返済することが想定されていたのです。
ところが最近はキャッシングの場合でもローンのように月々の返済を行うことが主流となり、カードローンとキャッシングの垣根はほとんどなくなってしまっているのです。なので余り気にせず自分の条件にあったキャッシングやカードローンを選ぶようにしましょう。


このページの先頭へ戻る